食べる「なたまめ茶」がお気に入り

テレビの情報番組で花粉にもいいと紹介された「なたまめ茶」
家族全員が悩ましく思っている花粉症を少しでも和らげたいと、お徳用を購入してみました。

日本人はお茶好きです。食事時の飲み物としてだけでなく、健康飲料としても、今までたくさんのお茶がマスコミにとりあげられ、ブームになってきました。
参照:なたまめ茶のおすすめランキング※人気で売れ筋の商品は?

ところが、起き抜けにはコーヒー。食後には甘いカフェオレ。
そんな習慣が身についていたので、なかなか飲む機会がつかめません。
でも、購入したのはお徳用。
断念するにはもったいなさすぎます。
そこで、飲むのではなく食べるほうに活用できないかと思考を変えてみました。

挑むは「なたまめゼリー」
少し濃い目に煮出したものにゼラチンを加えてゼリーに。
練乳をかけて、デザートにしてみました。
これだったら、お砂糖たっぷりの市販のゼリーよりもヘルシー間違いなし!
しかも、味も悪くありません。

練乳はきれいなのですが、どちらかというと味的には黒糖シロップのほうがマッチしました。
これに気をよくして、なたまめシャブシャブにも挑戦。
最後は雑炊にして、余すところなく完食。
食べた後、「健康にいいことをした!」と感じられる点も気に入りました。
割と便の良い「なたまめ茶」です。

心臓の疾患とも深いかかわりのある葉酸

ビタミンBというと、肩こりや腰痛、体の疲れに効くビタミンB1・B6・B12、それに肌に良いとされるビタミンB2を思い浮かべる方も多いかと思いますが、葉酸もビタミンBの仲間で別名はビタミンB9になっています。

葉酸というと、赤血球合成に関与し、不足すると悪性貧血になるということは良く知られていますが、心臓の冠動脈の疾患とも深い関係があることが最近わかってきています。
心疾患による死亡率を見てみると、がんに次いで多く死因第2位となっています。

また冠動脈疾病のリスク原因として高血圧、喫煙、高コレステロールが2割ずつをしめていますが、もう一つ心疾患の原因として忘れてはならないのがホモシステインというアミノ酸です。

このアミノ酸は正常時には見られませんが、このアミノ酸が血液中に出てくると心疾患が起こりやすくなると言われています。
そしてこのホモシステインというアミノ酸を代謝してメチオニンというアミノ酸にするのを助けるのに使われるのが葉酸なのです。

最近の、米国をはじめ日本でも、葉酸が血中のホモシステインの血中濃度を下げ、その結果冠動脈性心疾患(CHD)の発症率・死亡率を抑えるという研究が盛んに行われるようになってきています。

葉酸は、いんげんまめ、ブロッコリー、めきゃべつ、ほうれんそう等に多く含まれているので、積極的に摂るようにすると良いでしょう。

妊娠中じゃなくても葉酸摂取に注意が必要

外食や加工食品などばかり食べていませんか。

若い女性の中には、お菓子を食事代わりにしている方もいるようです。このような食事を続けていると葉酸不足になる恐れがあります。
葉酸が多く含まれている食品は、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラなど緑が濃い野菜です。外食や加工食品には緑が濃い野菜がほとんど含まれていません。

葉酸はDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠、赤血球の合成、タンパク質の生成促進、皮膚粘膜や口内粘膜の強化などの働きがあります。葉酸が不足すると細胞の合成がうまくいかなくなり、口内炎、味がよくわからない、下痢などの症状がでることがあります。

鉄分が不足してなる貧血の女性が多くいますが、葉酸が不足しても貧血になります。葉酸が不足すると赤血球を作ることができず悪性貧血になります。
貧血は鉄分不足だけでなく、葉酸の摂取にも気をつける必要があります。赤血球を作るにはビタミンB12も必要なので、葉酸とビタミンB12を一緒に摂るとよいです。

私が酵素ドリンクを飲み始めるようになったきっかけ。

私は毎朝酵素ドリンクを飲んでいます。
なぜ飲み始めたかというときっかけは、なんだか身体がだるいような重いような感じが取れず、まわりからも「なんか疲れてるけど大丈夫?」と聞かれることが多くなったからです。

毎月1回の自分へのご褒美であるエステに行っても「なんだか最近肌の調子があまりよくねいわね。お疲れ肌になってるよ。」と言われる始末でした。
エステでキレイにしてもらっても数日たてば元通りで結局根本的な原因を解消しないといけない事に気づいたのですが、原因がはっきりしないので一体何をしたら良いのかわかりませんでした。

そんな時友達が飲んでいたのが酵素ドリンクでした。友達に聞くと飲み始めてから肌の調子も良いし、体調もスッキリしてきたと言っていたので私も試しで頼んでみることにしました。
飲み始めはあまり効果は感じなかったのですが、約1か月ほどたったころから「最近結構元気だね。」と言われるようになりました。

自分では実感がなかったのですがそういえば身体のだるさがあまりないという事に気づきました。エステの人からも「肌ちょっとよくなってきてるね。」と言われはっきりと酵素ドリンクのおかげだという事に気づきました。

これからも末永く飲んでいこうと思います。

酵素ドリンク

最近若い女性の間で酵素ドリンクが流行っています。
私も市販の酵素ドリンクではないですが、手作りの酵素ドリンクを飲んでいます。酵素ドリンクは意外と簡単に手作り出来ます。今回は私がよく作っている玄米を使った玄米酵素ドリンクの作り方について紹介します。

まず用意するものは玄米と水だけです。
玄米は普通のものでも発芽玄米でもなんでも良いです。
作り方はとても簡単です。玄米1に対して水が2~3の割合で、玄米と水を密封出来るガラス容器に入れます。
このガラス容器はあらかじめ煮沸消毒して下さい。その玄米と水を入れたガラス容器を一日置いておくだけです。
夏は一日で冬は二~三日置きます。
置いてたものを茶こしなどで漉して、玄米や小さいゴミを取り除きます。その取り除いた液体が玄米酵素ドリンクになります。
このドリンクの味は玄米の風味がありクセが無くて飲みやすいです。
そのまま飲んでも良いですし、蜂蜜を入れて甘みを付けると美味しく飲めます。

この玄米酵素ドリンクを飲むと体調が良くなって、風邪をひかなくなりました。なのでおすすめです。